FC2ブログ

記事一覧

本気とペース配分について

100%の力を出すと死んでしまう。20%くらいの力ならずっと持続できる。そして、たいていの場面では100%の力を出す必要はない。だから人間は、20%くらいの力で生きることを学んだ。重要な場面の時だけ90%くらいの力を出すというわけだ(100%の力を出すと死ぬので、その前にブレーキがかかる(苦しみを感じる)ようにできている。よって100%の力は滅多に出ない)。これを踏まえて、人が成果を上げる方法、例...

続きを読む

ルールの絶対性

「物を盗んではならない」というルールがあり、大富豪が食べ物を買い占めて、多数の庶民が飢え死に寸前の状況だとする。あなたは大富豪の隙を突いて食べ物を盗める立場である。隙を突ける人は他にいない。つまり、ルールを破れば多くの人を救える状況である。このとき、あなたは食べ物を盗むべきだろうか?ルールは絶対に守るものだと考えるならば、上記の状況でも大富豪が持つ食べ物の所有権が守られ、庶民の命が失われる。これが...

続きを読む

意思と運命について

突然、石ころが人間に見えてきた。石ころは、ただ物理法則に従って動くものなのに。その物理法則が、石ころの意思ではないか、と思えてきてしまった。例えば石ころを転がすと、慣性の法則とかいってしばらく転がり続ける。これは人間が同じ行動を繰り返そうとすること(習慣)と同じに見える。また、しばらく転がると摩擦や障害物の影響で動きが止まる。人間が同じことの繰り返しに飽きるかのように。確かに人間は、習慣を繰り返し...

続きを読む

人間と機械

人間は自力で食事をするし、雑談もするし、将棋も(ルールを知っていれば)できる。機械がそのすべてを真似するのは困難だが、「将棋専門の機械」だったら非常に強い。機械は閉ざされた世界(将棋の世界など)において非常に高い性能を発揮し、時に人間を上回る。では人間の強みは何?機械が「閉ざされた世界」なら、人間は「開かれた世界」に生きているということ、これが人間の強みだと僕は思う。開かれた世界というのは、例えば...

続きを読む

労働

僕は仕事でミニトマトを育てている。会社(のトップ)がそれを育てなさいと言うから育てている。もしそうしなければクビになってしまう。だから僕は会社の意思に従って動く。体が脳の意思に従うように。その対価(というか働き続けるための燃料)として一人分の生活費を受け取る。僕は、会社に生かされているのだ。ふとミニトマトを見てみる。ミニトマトは、僕が水を与えている限り、実をつける。もしそうしなければ僕に引っこ抜か...

続きを読む